2009年03月06日

No067号増刊号「カイシンゲキに習った釣好師」

「釣りが上手くなる心得」好きこそ物の上手なれ!
好きになれば、うまくなる釣り。
釣りに関しては、心得があればどんどんうまくなります。
めきめきと上達する自分に笑いがとまらなくなる!

No067号 確実に釣りが上手くなる心得ver2
     増刊号「カイシンゲキに習った釣好師」の巻

       好きこそ物の上手なれ!
         好きになれば何でもできる!
           釣りは楽しい。極めれば尚面白い!
 ____________________________067 号'090306
こんにちは。
釣好師です。

またまた3週間近くさぼってしまいました。m(_ _)m
今回は、釣りにいってました。
サイト仲間の師匠に和歌山は古座の磯に連れていってもらったんです。

釣りは、初めての釣り場ということで洗礼を受けました。
釣好師は、まだまだ修行が足りんです。
というか、前回お送りした「数稽古」出来てないんですね。

前回はこちらから
http://final-kokoro.seesaa.net/article/115214651.html

日本海の釣りも和歌山の釣りも基本的は一緒のはずです。
そこの魚が多少大きいか小さいか?スレとるかです。
多分。

その証拠に釣りが上手い人上手に釣りますモンね。

今回は、いつものメルマガのスタイルを変えて、釣行を振り返りながら
釣りを学んで見たいと思います。

では、題して「カイシンゲキに習った釣り。釣好師」
いきますよ。



▼バックナンバーはこちら・・・
http://archive.mag2.com/0000262247/index.html


爆釣へのキーワード「電話よりも会ってヒラメキ連発!」









〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
確実に釣りが上手くなる心得 〜特別増刊〜 カイシンゲキ

「カイシンゲキに習った釣り。釣好師」

カイシンゲキ・・・←これ著作権あったらごめんなさい。
勝手に使わせていただきました。

今回の釣りは、海釣りマニアでサイト運営している「海信さん」と釣りにいって
きました。メールや電話で何度かやり取りしたことがあるんで、釣りは上手い
ような雰囲気はバンバンしてました。

サイト見てもわかると思います。
http://success-angler.com/

そんな海信さんがどんな釣りをするのか?
自分の釣りがどの程度通用するのか?
和歌山の雰囲気は?
どのくらい時間掛かるの?

なんて考えながら当日を迎えました。(頭のなか一週間くらい釣りのことばかり)

海信さんは思っていたとおりの人でした。
これは、付き合ってみないとお伝えすることできません。
でもね。なかなかこのタイプの人とはあったことありません。

そして、一番印象的だったのは・・・
「親切に教えてくれる。」
「人の話ちゃんと聞いてます」
「人のつながり大事にしてます」

この辺です。

メルマガでよく書いていますが・・・第1章から4章までは完璧ではないでしょうか?
これは、ビックリしましたね。

大阪から高速ぶっ飛ばして、4時間。

今回の磯は 和歌山は「古座」の磯
古座川の沖?串本大島の内磯ですね。
あまりにも「串本大島」が有名なんであまり人気がないのか隠れた場所なのかわか
りませんが、知らなかったですね。

http://www.minnaga.com/hujitatosen/
その実力は結構あります。

船頭さんは、「藤田渡船」の西川さん。
船長もいい人でした。ここまでしてくれる渡船は日本海にあるかな?
それくらい感心しました。(イガミありがとうございました。旨かった)

磯の魅力はあまり知りませんが、船長の魅力だけでまた来たいと思います。




釣りの話・・・せーよ。
って思ったでしょ。




すみません。

ではでは・・・学んだことはたくさんあったんですが、多くを書いても消化できな
いので一つだけ紹介します。釣りの様子は、海信さんのサイトや釣好師のブログで
も見れるのでそちらで見てね。

http://blog.kaisingeki.jp/
http://blog.goo.ne.jp/tsurizukishi

今回の釣りは、「オキアミをつかったフカセ釣り」。
このメルマガ読んでるアングラーの皆さんは当然のことと思うか?
それとも「えーそうなん?」と思うか?わかりませんが・・・
妙に納得したんで紹介します。








「フローティングベスト」と「マキエ勺」には金掛けろ!








これです。

「フローティングベスト」は海に落ちたとき人間はパニックになります。
そのパニックな人間を浮かせてくれるもの。命を守るものです。
これに金かけないで 磯釣りはできんでしょ。

次ぎに・・・「マキエ勺」

フカセ釣りは、「マキエのコントロール」これが命だそうです。
わかっていてもなかなかここまで言い切れん。
と思いませんか?

竿やリールに金掛けても、マキエ勺には金掛けてるつもり無かったです。

今回の釣りは、ボイルのオキアミオンリー。
四国の西海ではよくするようですが・・・釣好師はやったことない。

これで思った場所にマキエすることがドンだけ難しいか!
足元に入れることは出来る。
でも沖のポイントまでマキエを入れることができない。

そこで、海信さんのマキエ勺借りたんです。

「ちゃんと飛ぶやん!」

あとは、マキエとサシエをあわすテクニックだけですね。
これは、練習するのみ。
回数やらないと感覚はつかめません。

掛けた魚をあげる技術。
魚を掛ける技術。

どちらも重要ですが、数やるしか上達の道はないんです。
数やって経験してからうまくなるもんです。
いくらいい道具を使っても、経験値は上がりません。

掛けた魚はシッカリ。ボイルをたらふく胃袋にいれてました。
(海信さんが釣った魚は全部いただきました。ありがとうございます)

マキエを拾ってサシエも拾ったっていう紛れもない事実ですね。


いろんなマキエ勺使って、マキエのコントロールと自分の釣りを上手くコントロー
ルできる様にする必要があると思いました。
今回の釣りは、釣好師にとって初釣り!なかなか苦い釣りでしたが学ぶものがある
と思います。

ブランク実に3ヶ月。
ハリスや小物の収納方法やウキの常備の感覚さえ忘れていましたからね。
仕掛け作るのも遅かったです。


必ず、リベンジします。
このメルマガで報告したいと思います。

和歌山の渡船システムをよく知りませんが、イメージではホースヘッドにしがみ
ついて、一級磯を取り合いしてるイメージがありましたが、そんなイメージもない
し、(シーズンが違うのか)いい感じでした。

なによりも船長と話をする機会がある渡船屋はいいですね。
なんか勉強になります。(釣り以外でもね)

今回の糧を次回の釣行に生かそうと思います。
海はいつでも同じではありません。状況に応じた釣りをすることが
釣りの最大の魅力だと思います。

次の釣行に今回のネタが役にたてば最高であると思います。
では、次回爆釣するようにがんばりましょう。


いつも長いメルマガをよんでくれてありがとうございます。
心より感謝します。




==============================

最後まで読んでくれてありがとうございます。m(_ _)m

また感想など教えて下さい。



〜つりに行くときは、安全には十分気をつけましょう〜

1.できるだけ仲間といっしょに釣りにいきましょう
2.天気の知識を身に付けましょう
3.自然は脅威です。早めの行動を!
4.乱獲は厳禁!自然をたいせつに

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
釣りサイト・ブログ運営している人へ

★サイト友達になりませんか?★

釣好師は、北近畿から情報発信するサイトを運営しています。
つりの情報はあれば有るほど有効です。
皆さんのサイトを相互リンクすることで生きた情報が有効に使われます。
相互リンクお願いします。

●地元アングラーしか知らない爆釣!北近畿の海釣り
http://www.f-3k.net

但馬海岸から海釣りの情報はもちろん楽しい情報を発信する道場です。
なかば、地元の雑学的なこともありますが・・・

そんなブログです。
●かんたん釣り道場〜但馬海岸から発信〜
http://tsurizukishi.naturum.ne.jp/

釣好師の日常をブログってます。
よかったら読んでみて、どうでもいことも常に日常です。
●グレ釣りからアオリイカまで釣好師
http://blog.goo.ne.jp/tsurizukishi/

ども相互リンク宜しくです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ■編集後記 
和歌山の釣りのあと、広島のサイト仲間もええ釣りした報告いただきました。
釣った魚は・・・・





ロクマルのチヌ!!!!!!!




すげー。写真ではそのすごさが伝わりにくいですが、大きいですよ。
釣ったひとは、
黒鯛寅さん
巨チヌの星の管理人さん。
http://sanpeikurodaigure.seesaa.net/article/115012346.html

今年どうしても年無しを釣りたい。釣好師。
うらやましい。。。でも今の実力ならどうなるかわかりません。
いまは、修行あるのみ。数稽古が大事かもしれませんね。

でも上手い人との釣りはレベルを上げてくれるようです。

一人で頑張るのもいいかもしれませんが、「上手い人」との釣りはかなり効果ある
ようです。釣好師はあかんかったけどね。

年無しチヌ・・・俗に50センチ以上のチヌですね。
この魚の価値は、北に行けばいくほど価値が上がります。
なぜだかわかりますか?

暖かい地方では、魚は大きくなるのに年数が掛からない。
温暖な気候の方が長生きする。
といわれています。

年無しを釣るなら、四国西海や鹿児島周辺と言われるのも納得いくと思います。

釣好師のホームグラウンドで年無し釣ることは、結構な確率でチャンスをものに
しなければならないことが最近わかりました。ホームで年無しゲットできたら、
51センチで魚拓取ります。

その魚拓をバナーでサイト盛り上げてみようと決意した釣好師でした。
今回、ロクマルゲットした寅さん ホントにおめでとうございます。
続きますので フォローよろしくお願いします。

では。いつも長いメルマガよんでいたただいてありがとうございます。
心より感謝します。

+-------------------------------------------------------+
| 50センチオーバのチヌを釣るために |
| → http://sakana.chu.jp/chinu/ |
| ^^\ |
+-------------------------------------------------------+




 ―――――――――――――――――――――――――――――――
メールマガジン 「釣りが上手くなる心得(好きこそ物の上手なれ)」
発行者      釣好師
公式サイト    http://www.f-3k.net
ご意見・感想   mail: m_tsurizuki★f-3k.net(★を@にしてください)
登録・解除    http://www.mag2.com/m/0000262247.html
 ―――――――――――――――――――――――――――――――
posted by 釣好師 at 00:00| Comment(1) | 上手くなる釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「友達の中で処女なのは私だけ…誰でもイイからバージンを貰ってほしい!」そんな女性が沢山いる事をご存じですか?であいが無かった、家が厳しかった等の理由でHを経験したことがない女性がたくさんいるのです。当サイトはそんな女性たちと男性を引き合わせるサイトです!http://movie.mp3government.com/
Posted by サイトマスター at 2010年01月07日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。